ペチュニアの花言葉

ペチュニアはナス科ペチュニア属の1年草です。別名はツクバネアサガオといいます。原産はブラジルやアルゼンチンなどの南米地域。

花言葉は「心の不安」「心を静める」になります。

名前の由来ですが、ペチュニアとはグアラニ語でたばこという意味だそうです。この花とたばことどういう関係があるの・・・?と思うかも知れません。

これには実はいくつかの説があります。花の形がたばこの花と似ていたとする説と、たばこの葉にまぜて吸っていたから・・・という説があります。

和名はツクバネアサガオですが、これは衝羽根(つくばね)に似ていたためにこの名前になりました。日本に渡ってきたのは江戸時代のことです。ペチュニアは寒さに弱かったために日本では1年草として扱われるようになりました。

ただし、その後品種改良などが盛んに行われるようになりました。現在ではサントリーが品種改良した「サフィニア」があり、日本に気候にも対応できる品種として人気が高まりました。

花色は赤、桃、白、黄、紫、アプリコットなど。花期は3月から10月になります。

この花のデータ
名前 ペチュニア 読み ぺちゅにあ
花言葉 「心の不安」「心を静める」
別名 ツクバネアサガオ、ペツニア 分類 ナス科ペチュニア属
学名 Petunia hybrida 学名読み ペチュニア・ヒブリダ
英名 Petunia 原産地 南アメリカ(ブラジル、アルゼンチン)
樹高 30センチ以上    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他