ヘリオトロープの花言葉

ヘリオトロープはムラサキ科ヘリオトロピウム属の常緑低木です。原産はペルー。別名は匂紫、木立瑠璃草などといいます。

花言葉は「崇拝」「献身」「忠実」。

独特の香りを放つために、昔から香水の原料としても利用されてきた花で、別名を香水草(こうすいそう)とも言います。

ヘリオトロープの香水が日本でも発売される頃、夏目漱石の小説「三四郎」の連載が新聞にも掲載されます。

「三四郎」の中で、三四郎の恋人がこのヘリオトロープの香水をしみこませたハンカチを三四郎に渡します。この香水は以前に三四郎が彼女に渡したものでした・・・。

花もちは3日から5日程度になります。開花時期は4月から9月。

この花のデータ
名前 ヘリオトロープ 読み へりおとろーぷ
花言葉 「崇拝」「献身」「忠実」
別名 キダチルリソウ、コウスイソウ、ニオイムラサキ 分類 ムラサキ科ヘリオトロピウム属
学名 Heliotropium arborescens 学名読み ヘリオトロピウム・アルボレスケンス
英名 Cherry-pie 原産地 ペルー
樹高 50センチ以上    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他