ヘレニウムの花言葉

ヘレニウムはキク科ヘレニウム属の多年草です。別名は団子菊。

花言葉は「上機嫌」「涙」になります。

別名の団子菊(だんごきく)はヘレニウムの花が咲く様子がまるで団子が集まっているかのように見えたところから。原産は北アメリカですが、その昔はアメリカ先住民がこの花を粉状にして嗅ぎタバコとして利用していたそうです。

ヘレニウムの由来は古代ギリシャ時代の王妃ヘレネに由来します。その美貌で有名だったヘレネをめぐって国同士の戦争にまで発展してしまうことになるのですが、その戦いで多くの人達が命を落としました。

そのことに涙したヘレネの涙で芽を出した花がこのヘレニウムだった・・・というわけです。「涙」という花言葉は彼女の涙から来ているのかも知れません。

花期は8月から9月にかけて。花色は赤紫、黄色、紫です。
花もちは5日から7日間程度になります。

この花のデータ
名前 ヘレニウム 読み へれにうむ
花言葉 「上機嫌」「涙」
別名 ダンゴギク、マツバペルシャギク 分類 キク科ヘレニウム属
学名 Helenium autumnale 学名読み ヘレニウム・アウツムナレ
英名 Sneezeweed 原産地 北アメリカ
樹高 60センチ以上    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他