ホトトギスの花言葉

ホトトギスはユリ科ホトトギス属の多年草です。原産はアジア。花に無数の斑点があるのが特徴。この斑点(模様)は横縞模様から大小の斑点まで様々なものがあります。斑点がないタイプはシロホトトギスです。

花言葉は「永遠の若さ」「永遠にあなたのもの」になります。

ホトトギスの花は非常に長期間に渡って(夏から秋の終わりまで)咲きますが、それが「永遠の若さ」「永遠にあなたのもの」といった花言葉になっているのかも知れませんね。

品種はおよそ20種類程度がありますが、そのうち10種類は日本固有の品種になります。品種ではキバナホトトギス、タイワンホトトギス、ジョウロホトトギス、ヤマジノホトトギス、タマガワホトトギス、セトウチホトトギスなどがあります。

ホトトギスといえば、鳥の不如帰(ほととぎす)を連想される方もいると思いますが、この鳥のお腹の模様がこの花に似ていることからこの名前になったと言われています。

花色は紫のほかにも白や黄色など。花もちは5日から7日程度になります。

この花のデータ
名前 ホトトギス 読み ほととぎす
花言葉 「永遠の若さ」「永遠にあなたのもの」
別名 ユテンソウ、トウドリリー 分類 ユリ科ホトトギス属
学名 Tricyrtis hirta 学名読み トリキルティス・ヒルタ
英名 Japanese toad lily 原産地 アジア
樹高 40センチから100センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他