松葉牡丹(マツバボタン)の花言葉

松葉牡丹(マツバボタン)はスベリヒユ科ポルツラカ属の1年草です。原産地は南アメリカ。

花言葉は「無邪気」です。

名前に牡丹と入っていますが、別品種の牡丹にも似て美しい花が特徴です。花色は赤やピンク、黄色、オレンジなどがあります。開花時期は長く、夏から秋にかけて花を咲かせます。

英名ではイレブン・オクロックと呼ばれますがこれは11時という意味。これは松葉牡丹の花が朝に開き、昼にはしぼんでしまうところから来ていると思います。

太陽の光を浴びて花を開きます。そのため、日照り草とも呼ばれます。夏の暑さなどにも強い花で、栽培も比較的簡単です。

この花のデータ
名前 松葉牡丹(マツバボタン) 読み まつばぼたん
花言葉 「無邪気」
別名 ヒデリソウ、ツメキリソウ、ポーチュラカ 分類 スベリヒユ科ポルツラカ属
学名 Portulaca grandiflora 学名読み ポルツラカ・グランディフロラ
英名 Eleven o'clock 原産地 南アメリカ
樹高 10センチから30センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他