マリーゴールドの花言葉

マリーゴールドはキク科タゲテス科の1年草です。原産はメキシコ。別名を孔雀草(くじゃくそう)、千寿菊(せんじゅぎく)、万寿菊(まんじゅぎく)といいます。

花言葉は「嫉妬」「羨望」「悲しみ」になります。

花壇などにもよく見られる花で主な品種にはアフリカン・マリーゴールド、フレンチ・マリーゴールド、メキシカン・マリーゴールドなどがあります。また、最近ではアメリカン・マリーゴールドという品種が開発されています。

学名がタゲテス・エレクタですが、このタゲテスとは女神タゲスに由来しているそうです。名前のマリーゴールドは聖母マリアの黄金の花という意味合いがありますが、これは聖母マリアの祭日にその黄金色の美しい花を咲かせていたからです。

花色は黄色、オレンジ、白など。開花時期は6月から10月です。

日本にやってきたのは江戸時代のことです。その昔は紅黄草(コウオウソウ)と呼ばれていました。

花もちは5日から10日程度になります。

この花のデータ
名前 マリーゴールド 読み まりーごーるど
花言葉 「嫉妬」「羨望」「悲しみ」
別名 マンジュギク、センジュギク、クジャクソウ 分類 キク科タゲテス科
学名 Tagetes erecta 学名読み タゲテス・エレクタ
英名 African marigold 原産地 メキシコ
樹高 15センチから    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他