彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉

彼岸花(ヒガンバナ)はヒガンバナ科コリス属の多年草です。原産は日本、中国。

花言葉は「悲しい思い出」「情熱」「再会」「独立」。

別名をマンジュシャゲ(曼珠沙華)やキツネの剃刀などと呼ばれます。マンジュシャゲとはサンスクリット語では赤い花という意味ですが、その言葉が示すように赤が印象に残る花です。

彼岸花(ヒガンバナ)という名前になったのは秋のお彼岸の頃(9月)に花が咲くためです。亡くなってしまった人を思うと悲しくなる・・・そんなところから花言葉がついたのでしょうか。

日本ではどこでも見られる花ですが、もともとは中国から帰化したものと考えられています。

埼玉県日高市や神奈川県伊勢原市、愛知県半田市などは彼岸花の名所として知られています。

花色は赤や黄色、白など。

この花のデータ
名前 彼岸花(ヒガンバナ) 読み ひがんばな
花言葉 「悲しい思い出」
別名 マンジュシャゲ、キツネノカミソリ 分類 ヒガンバナ科コリス属
学名 Lycoris radiata 学名読み リコリス・ラディアタ
英名 Red spider lily 原産地 日本、中国
樹高 30センチから40センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他