百合(ユリ)の花言葉

百合(ユリ)はユリ科ユリ属の多年草です。原産地はアジアやヨーロッパ、北アメリカなど。品種も非常に豊富で原種だけでも100種類以上があります。

花言葉は「純粋」「愛らしさ」「純潔」「威厳」「高貴」「希少」。

名前の由来は花が揺れているのを見て最初は「揺すり」と呼ばれていたのが変化して「ゆり」になったと言われています。

ユリ属にはヤマユリ亜属、テッポウユリ亜属、(カノコユリ亜属、スカシユリ亜属などがあります。

日本では万葉集に登場するなど、古くから愛されてきた花です。

ヨーロッパではレオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「受胎告知」の中では天使のガブリエルが白いユリをもっている姿が描かれていますし、白いユリは聖母マリアを象徴する花として知られています。

また、ギリシャやエジプトなどでは百合を皮膚病の治療薬としても使用していたようです。ちなみに中国でも百合を薬として使っていたようです。

花色は白や黄色、赤、ピンク、緑など。花もちは7日から10日程度。開花時期は6月から8月になります。

この花のデータ
名前 百合(ユリ) 読み ゆり
花言葉 「純粋」「愛らしさ」
別名 ユリ 分類 ユリ科ユリ属
学名 Lilium 学名読み リリウム
英名 Lily 原産地 亜熱帯地域
樹高 20センチ以上    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他