ライラックの花言葉

ライラックはモクセイ科シリンガ属の落葉低木です。原産は地中海沿岸地域です。

花言葉は「謙虚」「初恋の思い出」「恋愛の喜び」「青春の喜び」。

フランスではリラと呼ばれます。他にも紫丁香花(むらさきはしどい)とも呼ばれます。

日本にやってきたのは1890年のこと。アメリカ人宣教師でスミス女学校の創始者、クララ・スミスによって伝えられました。最初に紹介されたのは札幌で、いまでは札幌にはなくてはならない花となっています。

花弁は4枚ですが、稀に5枚になっているものがあり、この花を飲み込むと恋する人と一緒になれるという言い伝えもあります。

花言葉はそんなことに由来しているのかも知れません。

この花のデータ
名前 ライラック 読み らいらっく
花言葉 「謙虚」「初恋の思い出」
別名 リラ、ムラサキハシドイ 分類 モクセイ科シリンガ属
学名 Syringa vulgaris 学名読み シリンガ・ウルガリス
英名 Common lilac 原産地 地中海沿岸地域
樹高 4メートル以上    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他