勿忘草(ワスレナグサ)の花言葉

勿忘草(ワスレナグサ)はムラサキ科ワスレナグサ属の1年草です。ヨーロッパやアジアが原産になります。

花言葉は「私を忘れないで」「真実の愛」。

若くして亡くなったミュージシャン、尾崎豊さんのアルバム、「壊れた扉から」に収録された「Forget me not」という歌がありますが、これは勿忘草(忘れな草)の英名になります。ちなみにこの曲は槇原敬之さんや中村あゆみさんによってカバーもされています。

この花の花言葉の由来にもなった話があります。それはドイツのドナウ河での出来事。昔々、ドナウ河にある美しい青い色をした花が流れてきました。その花を見ていた若い騎士とその恋人。

若い騎士はその花を取りに川に入りましたが、不運なことに川に流されてしまいます。彼はそれでも手に取った花を恋人のいる岸に向かって投げ、こういったといいます、「私を忘れないで」と。

彼女はその花を生涯大切にしたといいます。

これが「私を忘れないで」という花言葉になりました。

この花のデータ
名前 勿忘草(ワスレナグサ) 読み わすれなぐさ
花言葉 「私を忘れないで」「真実の愛」
別名 ミオソティス 分類 ムラサキ科ワスレナグサ属
学名 Myosotis scorpioides 学名読み ミオソティス・スコルピオイデス
英名 Forget me not 原産地 ヨーロッパ、アジア
樹高 15センチから50センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他