ワレモコウの花言葉

ワレモコウはバラ科ワレモコウ属の多年草です。原産は日本、中国、ヨーロッパなどになります。

花言葉は「もの思い」「移ろい」。

日本では古くから愛されてきた花で、「源氏物語」「徒然草」「大和草本」なども登場しています。

学名をサングイソルバ・オフィキナリスといいますが、これは止血という意味があります。その昔はこのワレモコウの根を乾燥させたものを止血薬として使用していたようです。

漢方ではこの根の部分を地楡(じゆ)と呼びます。

和名は吾木香(われもこう)といいますが、香という字が入っているようにワレモコウにはその葉の部分に香りがします。漢字では他に吾亦紅や我吾紅、我毛紅と書きます。

ドライフラワーなどにして贈答用に人気の花ですね。開花時期は7月から10月になります。

この花のデータ
名前 ワレモコウ 読み われもこう
花言葉 「もの思い」「移ろい」
別名 ジユ、ダンゴバナ 分類 バラ科ワレモコウ属
学名 Sanguisorba officinalis 学名読み サングイソルバ・オフィキナリス
英名 Burnet blood wort 原産地 日本、中国
樹高 30センチ以上    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他