ガーベラの花言葉

ガーベラはキク科ガーベラ属の多年草です。別名はハナグルマ、アフリカセンボンヤリなどと呼ばれます。

花言葉は「神秘」「感嘆」になります。

この花はドイツの科学者、ゲルバー氏によって南アフリカで発見されました。名前の由来はゲルバーの名前だといわれています。

現在の日本ではバラやカーネーションなどと共にとても人気の花ですが、日本にやってきたのは明治時代から大正時代にかけて。その後品種改良がさかんに行われ、花色は赤やピンク、オレンジ、白や黄色など様々なものがあります。

品種は非常に多く、全部あわせると2000種類以上あるとも言われています。ただし、日本で改良されたものはそのうちの1割程度です。

花もちは5日から10日程度になります。

この花のデータ
名前 ガーベラ 読み がーべら
花言葉 「神秘」「感嘆」
別名 ハナグルマ、アフリカセンボンヤリ 分類 キク科ガーベラ属
学名 Gerbera cvs. 学名読み ガーベラ
英名 African daisy, Transvaal daisy 原産地 南アフリカ
樹高 30センチから50センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他