アサガオの花言葉

アサガオ(朝顔)の花言葉は「はかない恋」「気取り」です。

その昔の中国ではその薬効が注目されていました。アサガオの種子には下剤としての効果や利尿効果などがあるとされ、高額で取引されていた歴史もあります。

日本にやってきたのは奈良時代から平安時代だったとされていますが、その際も漢方薬として中国から伝わってきたようです。

現在のように観賞用として品種改良がなされたのは江戸時代に入ってからと言われています。その美しい見た目もあって、江戸時代から明治には大人気となりました。

東京、入谷で行われる朝顔市はそんなことがきっかけでスタートしたと言われています。

アサガオの花の色は豊富で、青あ赤、白、紫などが知られています。朝に開花して昼にはしぼむ・・・そんなアサガオは日本の夏には欠かせない花の1つであることは間違いありません。

この花のデータ
名前 アサガオ 読み あさがお
花言葉 「はかない恋」「気取り」
別名 ケンギュウカ 分類 ヒルガオ科アサガオ属
学名 Pharbitis nil 学名読み ファルビティス・ニル
英名 Japanese morning-glory 原産地 熱帯アジア
樹高 3メートル以上    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他