カンパニュラの花言葉

カンパニュラはキキョウ科カンパヌラ属の2年草になります。原産地は南ヨーロッパ。

花言葉は「感謝」「謝辞」「誠実」になります。

見た目が何とも特徴的なこの花の和名は風鈴草(フウリンソウ)、釣鐘草(ツリガネソウ)です。

名前のカンパニュラはラテン語で鐘を意味します。英語ではベル・フラワーとも呼ばれます。(ベル=鐘という意味)この品種の中でもっとも出回っているのはカンパニュラ・ミディアムという品種になります。

花色は白がやはり多いのですが、ほかにもピンクや紫などがあります。花もちは5日から7日程度になります。

花言葉から考えても、お返しなどには最適なお花かも知れませんね。

この花のデータ
名前 カンパニュラ 読み かんぱにゅら
花言葉 「感謝」「謝辞」「誠実」
別名 フウリンソウ 分類 キキョウ科カンパヌラ属
学名 Campanula medium 学名読み カンパニュラ・メディウム
英名 Canterbury bells 原産地 南ヨーロッパ
樹高 30センチから100センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他