キンセンカの花言葉

キンセンカはキク科キンセンカ属の1年草です。原産地は南ヨーロッパ。別名はトウキンセン、カレンデュラなどとも呼ばれます。見た目が金色をした杯に似ていることから和名は金盞花といいます。

花言葉は「悲しみ」「嘆き」「寂しさ」になります。

見た目は鮮やかなオレンジで、見ていると元気がもらえるようです。日本で出回っているキンセンカは主に観賞用として扱われますが、原産地でもあるヨーロッパでは皮膚に様々な効果があるハーブの1つとして知られています。

花色は鮮やかなオレンジのほかにも、黄色があります。花もちは3日から7日程度になります。

品種は大きくわけて、トウキンセンカとホンキンセンカがあります。キンセンカというと、一般的にはトウキンセンカのことを指します。

この花が日本にやってきたのは江戸時代と言われています。中国から伝えられたこの花は薬用として渡ってきましたが、その後観賞用として品種改良がされています。

この花のデータ
名前 キンセンカ 読み きんせんか
花言葉 「悲しみ」「嘆き」「寂しさ」
別名 トウキンセン、カレンデュラ 分類 キク科キンセンカ属
学名 Calendula officinalis 学名読み カレンデュラ・オフィキナリス
英名 Common marigold,Pot marigold 原産地 南ヨーロッパ
樹高 30センチから60センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他