グロリオサの花言葉

グロリオサはユリ科グロリオサ属の多年草です。花びらは何ともユニークな形をしていますが、花は鮮やかな赤で印象に残ります。

花言葉は「栄光」「勇敢」です。

花の名前、グロリオサはラテン語で栄光を意味しますが、花言葉もその名前に由来しています。

英名はクライミング・リリー、グローリー・リリーと呼ばれます。最初のクライミングとは登るという意味。グロリオサは半つる状であることからその名前がついたようです。

一方、グローリーとは栄光の・・・という意味です。日本ではユリグルマ、キツネユリなどとも言われます。

花色は赤やピンク、オレンジなどになります。花もちは7日間程度になります。

日本に伝えられたのは明治のことですが、1980年代になってからさかんに栽培されるようになりました。グロリオサは今では高知県の特産となっています。

お花屋さんでも6月の誕生花として出回ることもあります。花言葉の「栄光」「勇敢」は知人などを勇気付けるときの贈り物としてもいいですね。

この花のデータ
名前 グロリオサ 読み ぐろりおさ
花言葉 「栄光」「勇敢」
別名 百合車、グロリオーサ 分類 ユリ科グロリオサ属
学名 Gloriosa rothschildiana 学名読み グロリオサ・ロスチャイルディアナ
英名 Climing lily, Glory lily 原産地 熱帯アジア、アフリカ
樹高 100センチから150センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他