桜の花言葉

桜はバラ科サクラ属の落葉高木です。名前の由来はいくつかありますが、「咲く」という言葉を複数形にした「ら」を加えて、「さくら」となったと言われています。

花言葉は「精神美」「優美な女性」「純正」になります。

日本の春・・・といえば桜というほど、もう春を象徴するような花木ですね。その種類も豊富でソメイヨシノ、大島桜、山桜、シダレ桜、紅シダレ桜などなど、その数は100を超えます。

中でもソメイヨシノは日本にある桜の8割を占めています。その昔、「万葉集」が登場する奈良時代には花と言えば梅でした。しかし、平安時代に入ると桜がさかんに植えられるようになり、「古今和歌集」では梅よりも桜の方が多く詠まれるようになってゆきました。

ちなみに日本の五大桜といえば下記に」なります。

・石戸蒲ザクラ (埼玉県)
・三春の滝桜 (福島県)
・山高神代桜 (山梨県)
・狩宿の下馬ザクラ (静岡県)
・根尾谷の淡墨桜 (岐阜県)

花もちは5日から10日程度になります。

この花のデータ
名前 読み さくら
花言葉 「精神美」「優美な女性」「純正」
別名 サクラ 分類 バラ科サクラ属
学名 Prunus cvs. 学名読み プルヌス
英名 Japanese flowering cherry 原産地 日本
樹高 6メートル前後    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他