サンダーソニアの花言葉

サンダーソニアはユリ科サンダーソニア属の多年草です。原産地は南アフリカ。

花言葉は「祈り」「望郷」になります。

名前の由来は発見者、ジョン・サンダーから来ています。1851年に発見されました。日本に渡ってきたのは1973年ととても歴史の浅い花です。当時は希少価値の高い花だったようです。

花の形がどこかベルのようであることから、別名をクリスマス・ベルやチャイニーズ・ランタンといいます。

花色は黄色やオレンジ。花もちは5日から10日程度になります。

この花のデータ
名前 サンダーソニア 読み さんだーそにあ
花言葉 「祈り」「望郷」
別名 クリスマス・ベル、チャイニーズ・ランタン 分類 ユリ科サンダーソニア属
学名 Sandersonia aurantiaca 学名読み サンダーソニア・オーランティアカ
英名 Christmas bells 原産地 南アフリカ
樹高 50センチから100センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他