シンビジウムの花言葉

シンビジウムはラン科シュンラン属の多年草です。原産地は東南アジア。

花言葉は「好意」「気どらない気持ち」になります。

比較的栽培が簡単だとされるシンビジウムですが、その名前の由来は唇弁の形が船のように見えるところから。ギリシャ語に由来するようです。

東南アジアが原産ですが、1798年にはイギリスにわたります。そこから品種改良なども盛んに行われ、現在ではなんとその品種は3000にものぼるといわれています。

花色はピンク、白、黄色など。花もちはよく14日から30日程度になります。

この花のデータ
名前 シンビジウム 読み しんびじうむ
花言葉 「好意」「気どらない気持ち」
別名 シンビディウム、シンビジューム 分類 ラン科シュンラン属
学名 Cymbidium 学名読み シンビディウム
英名 cymbidium 原産地 東南アジア
樹高 20センチから150センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他