スノードロップの花言葉

スノードロップはヒガンバナ科ガランツス属の多年草です。和名は待雪草といいます。原産地はヨーロッパ。

花言葉は「希望」「慰め」になります。

スノードロップにはアダムとイブにちなんだ言い伝えがあります。楽園を追われたアダムとイブが悲しんでいるのを見て天使が雪をこの花にかえて春が来ることを伝えてのだとか。

そんなストーリーが花言葉の「希望」になったのかも知れません。

小さな白い花がぶらさがっている様子はまさに舞い落ちる雪のようです。スコットランドではこの花を年越しの前に見つけると翌年は幸せが訪れる・・・とも言われています。

一般的には2月から3月に出回る花で、春の訪れを感じさせてくれる存在でもあります。

花もちは5日間程度です。

この花のデータ
名前 スノードロップ 読み すのーどろっぷ
花言葉 「希望」「慰め」
別名 ユキノハナ、マツユキソウ、ガランサス 分類 ヒガンバナ科ガランツス属
学名 Galanthus elwesii 学名読み ガランツス・エルウィジー
英名 Snowdrop 原産地 ヨーロッパ
樹高 10センチから30センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他