ゼラニウムの花言葉

ゼラニウムはフウロソウ科ペラルゴニウム属の多年草です。原産地は南アフリカ。

花言葉は「愛情」「尊敬」「信頼」「憂鬱」。

ゼラニウムはハーブの1種としても知られていますが、その鮮やかな赤が印象に残ります。花言葉の「愛情」はそんなところから来ているのかも知れません。

この花は17世紀にオランダで栽培されるようになり、19世紀にはイギリスで大人気となりました。今では世界中で栽培されています。

虫が寄り付かないところから、ヨーロッパでは窓際などに飾る家庭も多いそうです。ただ、匂いが独特で、そんな匂いから「憂鬱」という花言葉が付けられたようです。

日本にゼラニウムが伝わってきたのは江戸時代のこと。明治時代になると人気の花の1つとなりました。

花の色は赤のほかにもピンク、白、紫など。花もちは3日から7日間程度です。

この花のデータ
名前 ゼラニウム 読み ぜらにうむ
花言葉 「愛情」「尊敬」「信頼」「憂鬱」
別名 ペラルゴニラム 分類 フウロソウ科ペラルゴニウム属
学名 Pelargonium zonale hybrids 学名読み ペラルゴニウム・ゾナレ
英名 Geranium 原産地 南アフリカ
樹高 100センチ前後    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他