タンポポの花言葉

タンポポはキク科タンポポ属の多年草です。原産は日本やヨーロッパ。

花言葉ですが、「神託」「愛の託宣」になります。

タンポポには品種も多く日本だけでも10種類が知られています。世界中には2,000種類があるといわれています。

古くから薬草として知られてきた歴史がありますが、強肝、利尿、強壮などの効果があるといわれていたようです。英名はダンデリオンはライオンの歯という意味です。

ヨーロッパではタンポポの綿毛を使って恋占いをすることがありますが、これが花言葉の由来となっているのでしょう。

ちなみに綿毛を一度に吹き飛ばすことができたら脈あり・・・です。

中国ではこの綿毛を使って枕を作っていたとか。

日本では江戸時代にはすでに栽培されていました。日本に馴染み深い花ですが、平安時代などの記録には残っていないようです。

花言葉には他にも「真心の愛」、「思わせぶり」などがあります。

この花のデータ
名前 タンポポ 読み たんぽぽ
花言葉 「神託」「愛の託宣」
別名 ツヅミグサ 分類 キク科タンポポ属
学名 Taraxacum 学名読み タラクサカム
英名 Dandelion 原産地 日本、ヨーロッパ
樹高 10センチから20センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他