チューリップの花言葉

チューリップはユリ科チューリップ属の多年草(球根植物)です。原産地は中央アジア。

チューリップの花言葉ですが、花の色によって変わってきます:

赤:「愛の告白」
白:「失われた愛」
黄色:「望みのない恋」「名声」

チューリップが日本にやってきたのは江戸時代のこと。しかし、本格的な球根栽培がはじまったのは1919年。新潟ではじまりました。今でも新潟は日本でも有数のチューリップの産地になっています。他には富山県で栽培が盛んです。

この2つの県で日本のほとんどのチューリップの栽培が行われています。

原産地は中央アジアですが、16世紀になるとヨーロッパに渡ることになります。17世紀には特にオランダでチューリップがブームになりました。

そんなこともあって、チューリップの品種は一時期8000種類もあったと言われています。現在ではそのおよそ4分の1程度の品種があります。

花色は赤、ピンク、イエロー、オレンジ、青、紫、白などとても豊富。花もちは5日間程度になります。

チューリップの花言葉には「愛」がよく含まれていますが、チューリップにまつわる愛のストーリーも沢山あります。

その中の1つにオランダに伝わる有名な話があります。ある少女が3人の騎士から求婚されます。その中の1人は王冠を、もう1人は剣をもう1人は黄金の財宝をそれぞれ少女にプレゼントしてくれると言うのです。

ところが、誰か1人を選べなかった少女は花の女神に自分を花に変えてくれるように頼みます。そして彼女はチューリップになったそうです。

この花のデータ
名前 チューリップ 読み ちゅーりっぷ
花言葉 「愛の告白」「望みのない恋」「名声」「失われた愛」
別名 ウッコンソウ 分類 ユリ科チューリップ属
学名 Tulipa 学名読み チュリパ
英名 Tulip 原産地 中央アジア
樹高 20センチから70センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他