菜の花(ナノハナ)の花言葉

菜の花(ナノハナ)はアブラナ科アブラナ属の1年草です。原産はヨーロッパ。

花言葉は花の色のように「快活」「明るい」。

別名は花菜(はなな)、菜花(なばな)、油菜(あぶらな)。現在、花屋さんで売られている品種とは違いますが、菜の花は以前はその種子から菜種油を採取するために盛んに栽培されていました。

江戸時代にはすでに菜種油の採取が盛んに行われていたようです。

別名の花菜(はなな)は野菜としても使われてきたことに由来します。

勿論、菜の花は観賞用としても人気で、日本に春の訪れを伝えてくれる花の1つです。

花もちは3日から4日間程度になります。

この花のデータ
名前 菜の花(ナノハナ) 読み なのはな
花言葉 「快活」「明るい」
別名 ハナナ、ナバナ、アブラナ 分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica rapa 学名読み ブラシカ・ラバ・アムプレキシカウリス
英名 Field mustard 原産地 ヨーロッパ
樹高 60センチから80センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他