ニチニチソウ(日日草)の花言葉

ニチニチソウ(日日草)はキョウチクトウ科カタンランツス属の1年草です。マダガスカルが原産になります。

花言葉は「楽しい思い出」です。

別名を日日花、ソノヒグサともいいます。ニチニチソウの面白いところは、沢山の花を咲かせるのですが、その1つ1つはすぐに落ちてしまいます。ところが、またすぐに次の新しい花が咲いてくるのです。

そのため、ずっと咲いているかのように見えてしまいます。

そんな様子が花言葉の楽しい思い出になったのでしょう。

日本にある園芸種には主に切り花用と花壇用や釣り鉢用の3種類があります。日本にやってきたのは江戸時代のことと言われています。もともと多年草ですが、日本の寒さには弱く1年草として扱われているようです。

暑さにはとても強い品種です。花もちは3日から5日程度になります。

この花のデータ
名前 ニチニチソウ(日日草) 読み にちにちそう
花言葉 「楽しい思い出」
別名 ニチニチカ、ソノヒグサ、ビンカ 分類 キョウチクトウ科カタンランツス属
学名 Catharanthus roseus 学名読み カタンランツス・ロセウス
英名 Madagascar periwinkle, Old maid 原産地 マダガスカル
樹高 30センチから50センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他