ハイビスカスの花言葉

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の常緑低木です。原産は熱帯地域、温帯地域です。

花言葉は「優美」「繊細な美しさ」。

真っ赤な花が南の島をイメージさせる美しい花です。赤が代表的ですが、花色は他にもピンク、黄色、白などがあります。

ハイビスカスの元になっているのはブッソウゲなどで、このブッソウゲを交配して作られたのがハイビスカスです。

日本に渡ってきたのは1614年のこと。琉球を経由して日本にやってきたことから和名をリュウキュウムクゲといいます。

花飾りとしても利用されるハイビスカスはまさに「優美」という花言葉がぴったりの花です。

品種の数としてはおよそ200種類があるとされており、観賞用のほかにも食用のものもあります。

ヨーロッパには1731年にわたっていますが、その時は中国の花と勘違いされ、中国のバラという名前がついてしまった経緯があります。今でも英名は中国のバラ、中国のハイビスカスといった名前です。

この花のデータ
名前 ハイビスカス 読み はいびすかす
花言葉 「優美」「繊細な美しさ」
別名 リュウキュウムクゲ、ブッソウゲ 分類 アオイ科フヨウ属
学名 Hibisucus rosa-sinensis 学名読み ヒビスクス・ロザ・シネンシス
英名 China rose, Chinese hibiscus 原産地 ハワイ、マスカレン諸島
樹高 2メートルから5メートル    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他