ヒソップの花言葉

ヒソップはシソ科ヤナギハッカ属の多年草です。別名はヤナギハッカと呼びます。地中海沿岸地域原産。

花言葉は「浄化」「清潔」「清める」。

花言葉にもありますが、ヒソップで身を清める・・・と聖書の中の一節にも登場します。学名にもなっているヒソップスはヘブライ語で「聖なる草」という意味があります。

別名のヤナギハッカは柳薄荷と書きますが、これはハッカのようなクリーンな香りや葉っぱの形から来ているようです。

ハーブとしても使われますが、浄化する効果があるとされています。具体的には腸内環境を整えたり、貧血を予防する効果もあるようです。名前の由来もヘブライ語で聖なるハーブという意味があります。

花色は青や白、ピンクなど。花もちは3日から5日です。

この花のデータ
名前 ヒソップ 読み ひそっぷ
花言葉 「浄化」「清潔」「清める」
別名 ヤナギハッカ 分類 シソ科ヤナギハッカ属
学名 Hyssopus officinalis 学名読み ヒソップス・オフィキナリス
英名 Common hyssopus 原産地 地中海沿岸地域
樹高 40センチから60センチ    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他