フリージアの花言葉

フリージアはアヤメ科の多年草(球根植物)です。別名は浅黄水仙(あさぎすいせん)とも言います。原産は南アフリカ。

花言葉は「無邪気」「あどけなさ」「優雅」「天真爛漫」。特に白い花は「あどけなさ」、黄色い花は「無邪気」が花言葉になります。

この花を発見したのは植物学者のエクロン氏。南アフリカで発見したエクロン氏は親友であるフレーゼの名前をつけたのだとか。

18世紀になると品種改良が進み、今では100種類以上が存在します。フリージアは独特の香りがしますが、自生しているものの方が香りが強いようです。

日本では明治時代に栽培がはじまっています。現在は日本の八丈島でフリージア祭りが開催されています。

花色は赤、ピンク、黄色、白、青など。花もちは7日間程度になります。

この花のデータ
名前 フリージア 読み ふりーじあ
花言葉 「無邪気」「あどけなさ」「優雅」「天真爛漫」
別名 アサギスイセン 分類 アヤメ科フリージア属
学名 Freesia hybrida 学名読み フリージア・ヒブリダ
英名 Freesia 原産地 南アフリカ
樹高 20センチ以上    


カテゴリ別に探す花言葉

名前から探す恋

愛・恋

感謝・思い出

幸福

別れ・悲しみ

人の特徴

その他